制服・ユニフォームのモデルチェンジのタイミングは?

公開日:

モデルチェンジのタイミング企業やお店のイメージに直結する制服やユニフォーム。日々進化する企業やお店のサービスに合わせて、モデルチェンジを考える企業やお店も多いのではないでしょうか。しかし、モデルチェンジをしたいと思っても、時期に悩んではいませんか?ここでは、制服やユニフォームのモデルチェンジを行う時期について解説します。

制服・ユニフォームが持つ役割

そもそも、企業やお店の制服やユニフォームは、どのような役割を持っているのでしょうか?冒頭でもお伝えしたとおり、制服やユニフォームは企業やお店のイメージに直結します。

そのため、制服やユニフォームを通して、お客様に向けてサービスのイメージを与えるという役割があるのです。たとえば、空港で働くグランドスタッフやキャビンアテンダントは、きちっとしたスーツに、上品なスカーフを巻いています。これは、その航空会社が、責任をもってお客様に素敵な空の旅を提供することをイメージしているのです。

みんなで楽しくお酒を飲める居酒屋のスタッフが、お揃いの明るいユニフォームTシャツを着ていたら、そのお店が明るいことを連想させるでしょう。このように制服やユニフォームは、企業やお店のイメージをダイレクトにお客様に伝える大事なコンテンツなのです。

制服・ユニフォームのモデルチェンジを行うメリット

長年定着していた制服やユニフォームのモデルチェンジを行うことは、企業にとっても勇気がいることでしょう。しかし、それでも制服やユニフォームのモデルチェンジを行うメリットはあるのでしょうか?

企業やお店のイメージアップを図れる

制服やユニフォームのモデルチェンジを行うことで、企業やお店のイメージアップを図れます。たとえば、企業として今までとは異なるジャンルの事業を展開するとき、その事業に合った制服やユニフォームにモデルチェンジをしたとします。

社員やスタッフの制服やユニフォームが変わると、お客様の目に留まるものです。するとお客様に「なんか雰囲気が変わったな」と感じてもらえて、企業やお店に対するイメージを変えられるのです。

スタッフも心機一転できる

制服やユニフォームのモデルチェンジは、それを着る社員やスタッフも身が引き締まるものです。そのため、新たな制服やユニフォームを着ることで心機一転ができます。結果的に業務の生産性が良くなり、企業にとってもプラスになるでしょう。

弱点の改善ができる

今までの制服やユニフォームに、動きづらいなどの弱点があった場合、モデルチェンジを機に改善を図れます。モデルチェンジと同時に弱点を改善することで、社員やスタッフはよりベストコンディションで業務に励めるでしょう。

制服・ユニフォームのモデルチェンジのタイミング

制服やユニフォームのモデルチェンジは、いつ行えば良いのでしょうか?ここからは、制服やユニフォームのモデルチェンジを行うときにおすすめの時期を見ていきましょう。

5年以上同じ制服・ユニフォームを着ている

現在着ている制服やユニフォームを5年以上着ている場合は、モデルチェンジの時期が近いでしょう。5年以上着ている制服やユニフォームは、顧客にとっても見慣れているはずです。

また、制服やユニフォームはトレンドに合ったデザインにすることで顧客の目を惹けるため、5年以上経っていると顧客の目には留まらないでしょう。そして、制服やユニフォームそのものも、長年着ていることによって劣化している可能性が高いです。

そのため、5年以上同じ制服やユニフォームを着ている場合は、モデルチェンジを検討してみてください。

スタッフの制服・ユニフォームに対する思いが低下している

長年同じ制服やユニフォームを着ていることで、スタッフの制服やユニフォームに対する思いが低下している場合は、モデルチェンジを行ったほうがいいでしょう。具体的には、その制服やユニフォームのデザインの目的を知らない、新たなスタッフが増えてきたときは、モデルチェンジの時期です。

そのほか、制服やユニフォームを着崩しているスタッフがいたり、そもそも制服やユニフォームを着ているスタッフが少なかったりする場合は、モデルチェンジを行ったほうがいいでしょう。

企業の方針が変わった

企業の方針が変わったり、新たな事業を展開したりするときは、制服やユニフォームもモデルチェンジを行うといいでしょう。新しい企業方針や事業のイメージに合わせたデザインにモデルチェンジをすれば、顧客へのアピールにもなります。

また、方針や事業が変わらなくても、企業の株式を上場したときや、設立50周年などの節目にモデルチェンジをするのもおすすめです。

顧客層やターゲット層が変わった

企業やお店の顧客層やターゲット層が変わった場合、その顧客やターゲットにマッチしたデザインの制服やユニフォームにモデルチェンジを行うといいでしょう。顧客層やターゲット層によって、目を惹かれる制服やユニフォームのデザインは異なります。

たとえば、40~50代の年代がターゲットの企業やお店は、上品で洗練された制服やユニフォームのデザインのほうが顧客の目に留まる可能性が高いです。一方、10~20代の年代がターゲットの場合、トレンドを押さえた制服やユニフォームのほうが印象に残るでしょう。

このように、顧客層やターゲット層に合わせて、制服やユニフォームのモデルチェンジを行うのがおすすめです。

スタッフの平均年齢・男女比率が変わった

顧客だけでなく、制服やユニフォームを着るスタッフの平均年齢や男女比率が変わったときもモデルチェンジのチャンスです。平均年齢が高くなった場合、大人なイメージの制服やユニフォームにモデルチェンジを行うと、雰囲気がガラッと変わります。

平均年齢が低くなった場合は、少し挑戦的な制服やユニフォームのデザインを楽しんでもいいかもしれません。

制服・ユニフォームのモデルチェンジを行う際に意識するべきポイント

制服やユニフォームのモデルチェンジは、きちんとポイントを押さえて実行することで、モデルチェンジのメリットを生かせます。そこでここからは、制服やユニフォームのモデルチェンジを行うときに意識するべきポイントを見ていきましょう。

制服やユニフォームのデザインの目的を明確にする

制服やユニフォームのモデルチェンジを行うときは、新しいデザインの目的を明確しましょう。顧客が制服やユニフォームを見ることでどんなことを連想してほしいのかを考えながら、デザインを制作してみてください。

また、なぜモデルチェンジを行うのか、モデルチェンジを行う理由も明確にすることで、新たなデザインが浮かぶかもしれません。

制服・ユニフォーム制作チームを発足する

制服やユニフォームのモデルチェンジは、制服・ユニフォームの制作担当者で話を進めがちです。しかし、実際に現場で着るスタッフの声や、企業で指揮をとる経営陣が、どんな制服やユニフォームを着てほしいのかを聞くことが大切です。

そこで、制服・ユニフォームの制作担当者だけでなく、経営陣と着用スタッフを含めた制服・ユニフォーム制作チームを発足することをおすすめします。さまざまな立場の声が合わさることで、より効果的なモデルチェンジができるでしょう。

余裕をもったスケジュールを組む

制服やユニフォームをモデルチェンジするときは、余裕をもった制作スケジュールを組んでください。具体的にいつから制服やユニフォームを着るのか、着用開始日を決めておくことで、制服やユニフォームのモデルチェンジが進めやすくなります。

制服やユニフォームによる効果を加味した予算を組む

制服やユニフォームのモデルチェンジにおける予算を組むときは、モデルチェンジ後の制服やユニフォームがもたらす効果を加味した予算を組みましょう。制服やユニフォームは、立派な広告宣伝費です。

そのため、できるだけ予算を削るのではなく、企業をさらに成長させるために必要な経費だと考えて、それに見合った予算を組むことをおすすめします。

まとめ

企業やお店の制服・ユニフォームのモデルチェンジについてお話ししました。企業やお店のイメージに繋がる制服やユニフォームは、ずっと同じものがいいとは限りません。時代の流れとともに、企業やお店も変化していくものです。その変化に合わせて制服やユニフォームのモデルチェンジを行うことで、それは広告宣伝費として企業やお店にとってプラスになるでしょう。これからモデルチェンジを考えている企業の方、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
企業ユニフォームメーカーランキング!
記事一覧

おすすめの企業ユニフォームメーカーランキングTOP5!

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーシーカシマボンマックスセロリーサーヴォチクマ
特徴トレンド・サスティナブルなど社会のニーズを取り入れる企業制服メーカー多数の映画やテレビ番組に衣装提供。デザインが魅力の企業制服メーカー国内自社工場5つ。厳しい目で見る品質管理が特徴の企業制服メーカーバラエティ豊かな制服総合メーカー。独自のデータで管理・運用も!創業1世紀以上の老舗繊維専門商社。環境に配慮した企業制服づくりが魅力。
詳細リンク