企業ユニフォームを一新!モデルチェンジのベストタイミングとは?

公開日:2022/05/15

企業ユニフォームをモデルチェンジするときに悩むのは、どの時期に導入するのかです。いつでも同じと考えている方も多いようですが、タイミングを間違えると社内の混乱を招いたり、相乗効果が得られないので要注意です。

ユニフォームのモデルチェンジをする場合は、理由付けや効果を考えながら適切なタイミングで行いましょう。

ユニフォームは時代や環境に合わせてチェンジすべき

ユニフォームは、適切な時期にモデルチェンジしましょう。時代や環境が変化すれば、今までのユニフォームは機能性が落ちますし、それ以外のところにも影響を与えてしまいます。

■時代に合ってない場合はモデルチェンジを検討

ユニフォームは、時代によって少しずつ変化しています。仕事内容や社屋が新しくなったとしても、ユニフォームが古いと時代に乗り遅れているように感じます。

また、古いデザインは、これから会社を支えていく求職者にもよい影響を与えません。就職活動のときに、会社の規模、仕事内容、教育体制、給与だけでなく、福利厚生も確認しているはずです。どうせ働くなら、魅力的なユニフォームのほうが求職者へのアピールに繋がります。

■社内環境に合わせてユニフォームをチェンジ

社員に対して、あらためてユニフォームのデザインや機能性を聞くとさまざまな意見や不満が出ます。ユニフォームの色が悪い、物を入れる場所がない、デザインが古いのであまり着たくないなど、さまざまな話がでてくるはずです。特に機能性については、仕事の効率などにも直結することがあるので、企業にとっては貴重な意見といえるでしょう。

また、このような社員の声を聞き、モデルチェンジを行うことは社員のやる気にも繋がります。

モデルチェンジのベストタイミング

企業ユニフォームをモデルチェンジするときは、タイミングが大切です。なぜなら、従業員の人数次第では費用も大きくなりますし、変更のタイミングも難しいからです。そこでどのような時期が適しているのかをご紹介します。

■上場記念

企業の株式を上場したときは、モデルチェンジに適しています。上場するためには、審査が実施され、厳しい基準を満たす必要があります。

しかし、審査を通過した場合は、上場企業の一員となりますから、心機一転という気持ちでユニフォームをモデルチェンジしてもいいでしょう。

■企業の節目

設立から何年といった節目に、ユニフォームを変えてもいいでしょう。たとえば、設立10周年や50周年、歴史の長い会社であれば100周年の記念にモデルチェンジしてもいいかもしれません。そもそも、会社が設立されてから数十年も経過しているのであれば、ユニフォームの流行なども大きく変化しているはずです。

もし、他社などと比較して、ちょっと古いかなと感じたときは、検討してみましょう。

■世代交代

社長が交代したときも、モデルチェンジに適したタイミングです。長年、同じ社長が経営していると、会社の考え方が変わらないといったケースも少なくありません。

しかし、社長が交代すれば、考え方も変わりますし、何か記念に行いたいと考える方も多いはずです。このような世代交代は、ユニフォームをモデルチェンジする絶好のタイミングといえるでしょう。

ユニフォームへの不満

時代に合っていない、社員の年齢層が若返ったといったときは、モデルチェンジのタイミングです。このような状態になると、少しずつ社員内でユニフォームに対しての不満が表れるかもしれません。

そして、問題をそのまま放置しておくと、徐々にユニフォームを着用しない社員も出てくることがあります。社員の気持ちが完全に離れてからモデルチェンジしても効果は期待できません。ユニフォームへの不満が見受けられたら、できる限り早い段階で検討してみましょう。

ユニフォームのモデルチェンジで得られる効果

ユニフォームをモベルチェンジすると、さまざまな効果を得られます。たとえば、今まで動きづらかった場合は機能性が向上しますし、新しいというだけで社員のモチベーションも変化するでしょう。そこで、得られる効果をひとつずつご紹介します。

■機能性が上がる

ユニフォームを新しくすれば、いろいろな改善点を反映できるため、機能性が向上します。着やすい、動きやすいといったユニフォームになれば、作業効率にも効果が表れるかもしれません。

■モチベーションにも変化が表れる

私生活においても、新しい服はモチベーションが上がります。特に、毎日通う会社で使用するユニフォームが変わったときは、仕事に対する意欲にも変化が表れるでしょう。

また、新しいユニフォームについて事前に話し合いを持ったり、アンケートを実施しておくと、さらにモチベーションが上がります。

■企業の印象も変化

新しいユニフォームは、企業イメージも大きく変わります。色やデザインを変更すれば、来客する方への印象も今までとは異なるはずです。

また、新しいユニフォームの支給は、福利厚生の充実度も表しています。社員を大切にする気持ち、会社を盛り上げていこうという管理者の思いも感じ取ってもらえるはずです。

 

ユニフォームをモデルチェンジするときは、ご紹介したベストなタイミングで実施しましょう。ユニフォームを変えるだけでも、さまざまな効果が得られます。ただし、各企業で事情がありますから、必ずしもご紹介したタイミングで実施できるとは限りません。そのようなときは、独自のタイミングで検討しましょう。

おすすめの企業ユニフォームメーカーランキングTOP5!

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーシーカシマボンマックスセロリーサーヴォチクマ
特徴トレンド・サスティナブルなど社会のニーズを取り入れる企業制服メーカー多数の映画やテレビ番組に衣装提供。デザインが魅力の企業制服メーカー国内自社工場5つ。厳しい目で見る品質管理が特徴の企業制服メーカーバラエティ豊かな制服総合メーカー。独自のデータで管理・運用も!創業1世紀以上の老舗繊維専門商社。環境に配慮した企業制服づくりが魅力。
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
企業ユニフォームメーカーランキング!
記事一覧