最近のユニフォームのトレンドは?どういうものを選べばいい?

公開日:

飲食店や工場、オフィスなど働く人のコスチュームである「ユニフォーム」ですが、とても多くの種類があるためどういうものを選ぶべきか悩ましいものです。では、最近のユニフォームのトレンドはどのようなものでしょうか。今回はユニフォームのトレンドや選び方について詳しく解説します。

企業ユニフォーム制作が難航しがちな理由

帰属意識や仲間意識を高めるユニフォームは、飲食店や医療の現場などさまざまな場所で導入されています。しかし、多くの企業が自社のユニフォームの制作に難航しています。では、どうして難航してしまうのでしょうか。その理由は2つに分けられます。

まず1つ目は、「オフィスカジュアルの増加」です。ユニフォームには従業員の統一感をもたらす効果がありますが、近年は自由な働き方を標榜する企業も増加し、オフィスカジュアルが浸透してきました。

また、日本の気候は昔よりも猛暑の傾向が強く、涼しく快適なカジュアルがオフィスでも求められるようになったこともユニフォーム制作に影響しています。作業効率を上げるためには堅苦しくないユニフォームが求められつつあるのです。

2つ目の理由は「多様化」です。女性でもパンツルックを、男性でもノーネクタイを、など衣装に対する好みは飛躍的に多様化しています。あまりに統一感があるユニフォームの場合は敬遠する方も多いのです。そのため、ユニフォーム制作に多様性をどうもたらすかも課題の1つです。

最近のユニフォームのトレンドは?

ユニフォームは堅苦しい印象がありますが、最近のユニフォームは堅苦しさを脱却しています。では、ユニフォームは現在どのようなトレンドを迎えているのでしょうか。その答えは「ジェンダーレス」にあります。

航空業界や飲食店、銀行などでも増加しているのが「ジェンダーレスなユニフォーム」です。医療業界もかつては女性の看護師はスカートルックなユニフォームでしたが、現在はパンツルックと併用する病院が増加しています。

また、運送関係の業種では男女差を設けないポロシャツスタイルが導入され、快適な作業服と好評です。人気の飲食チェーン店では複数のユニフォームパターンを導入し、自分が着たい一着を選べるようになっています。このように好みの多様化を踏まえてユニフォームも多様性を持つようになり、ジェンダーレスでアクティブなユニフォームが増加しています。

ユニフォームを制作する際はココに注目!

自社にも思い切ってユニフォームを導入したい、そんな場合にはユニフォームをオリジナルで制作するのがおすすめです。では、制作をする際にはどんなことを押さえておくとよいでしょうか。注目すべき制作のコツを3つご紹介します。

まず1つ目は「機能性を確認する」ことです。例として医療の現場では、常にアクティブに動けるようにストレッチの効いたパンツスタイルが人気となっています。

また、抗菌作用のある加工を施し、下着が透けないように下地も付いた医療向けジャケットスタイルも人気です。しっかりとポケットがあり、機能性が考慮されたユニフォームデザインです。このようにユニフォーム制作の際は機能性を確認し、現場にあったスタイルになるように考慮しましょう。

ラフなスタイルを求める方も多いカフェ・飲食店の場合は調理用エプロンや統一感のあるトップス以外は自由とするなど、さまざまなスタイルが考えられます。業種によってはあえて自由さも残して、スタッフに合ったユニフォームをデザインしましょう。

次に2つ目は「安全性の確保」です。工場作業や加工作業の現場などでは、袖が長すぎると機械に巻き込まれ労災を招く可能性があります。繊維が落ちやすいユニフォームでは製品にダメージを与えてしまうリスクもあります。

髪の毛1本も落ちないように緻密な作業を行う工場も多く、こうした場所ではスタイルではなく安全性を最大限に追求した衣服を求める必要があります。着心地や見た目も大事ですが、働く人が安全に作業できる、製品にダメージを与えないようなユニフォームを導入することも忘れてはいけません。

最後に3つ目は「広告機能も考慮する」です。ユニフォームにロゴを入れる、個性的なモチーフを導入することで「広告」としての機能を持たせることができます。アスリートのユニフォームに企業が広告するように、ユニフォームは人に印象を残すことができます。

また、ユニフォームに社名やロゴを載せることで社員が企業にふさわしい振る舞いをしよう、と意識を持つことができます。社員のモチベーションが向上できるようなユニフォームになるように、制作の際にはこだわってみましょう。

ユニフォームだからこそ発揮できる機能・魅力を見直そう

以前は多くの企業がユニフォームについて、学校の制服のような統一感・帰属性を求める傾向がありました。しかし現在は多様性を考慮し、作業をより効率化するための衣装としての需要が高まっています。ジェンダーレスな衣装も多く、男女差のないスタイルも人気です。私服にはない高機能性や広告としての効果も期待できるので、今こそユニフォームならではの機能・魅力を見直しましょう。

おすすめ関連記事

おすすめの企業ユニフォームメーカーランキングTOP5!

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーシーカシマボンマックスセロリーサーヴォチクマ
特徴トレンド・サスティナブルなど社会のニーズを取り入れる企業制服メーカー多数の映画やテレビ番組に衣装提供。デザインが魅力の企業制服メーカー国内自社工場5つ。厳しい目で見る品質管理が特徴の企業制服メーカーバラエティ豊かな制服総合メーカー。独自のデータで管理・運用も!創業1世紀以上の老舗繊維専門商社。環境に配慮した企業制服づくりが魅力。
詳細リンク
サイト内検索
企業ユニフォームメーカーランキング!
記事一覧