世界が注目している!?日本独自の企業ユニフォーム・制服文化とは?

公開日:

ユニフォーム

日本のユニフォームや制服は、独自の進化を遂げてきました。特に近年のユニフォームなどはデザイン性が高いため、世界が注目しているといっても過言ではありません。そこで、日本のユニフォームや制服がどのような進化を遂げてきたのかを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

企業ユニフォームは「おもてなしウェア」として注目の的

企業ユニフォームはおもてなしウェアとして注目されています。とくに女性が着用するユニフォームについては、華やかさを前面にしたデザイン、上品なデザイン、清潔感が中心のデザインなどファッション性の高いものばかりです。

企業の事務所で昔からよく見かける事務服とは、まったく異なるといってもいいでしょう。このような個性豊かなユニフォームは、おもてなしの心を大切にする日本人にとっては重要なポイントです。

日本ならではの制服文化とは

制服は、飛鳥時代から始まったと考えられています。もちろん、現在のような制服とは異なりますが、身分により着る服を替えていました。相手とすれ違ったときでも、授かった冠位で服の色が違えば、相手がどれだけ偉い人なのかが一目でわかるということです。

時代が変わり、さらに制服は進化していきます。武士が台頭した時代では、身分で着用する服が異なりましたし、一般の方の中でもさまざまな制服が使われています。一番分かりやすいのが火消し、現在の消防隊員にあたる方々です。しかし、日本において制服が大きく変化したのは明治時代です。

洋風の文化が日本に入る

明治時代になると、西洋文化を盛んに取り入れます。建物や経済の仕組みをはじめ、西洋文化を国や各企業が競い合いように取り入れていました。この時期になると、学校も制服を採用し、企業も徐々に制服へとシフトしています。

本格的な制服は軍隊から

長い歴史がある日本の制服文化ですが、本格的な制服のはじまりは軍隊からと考えられています。軍隊では、どの隊に所属しているのか、どの階級なのかを明確にするといった目的の他に仲間意識を高めるという意味も持っているといわれています。

ひとつの組織が同じ目的を達成するためには、全員が同じ意識を持つことが大切です。このような制服への考え方は、脈々と現代に引き継がれています。

たとえば、企業の場合は、職場ごとに変えますし、現場のリーダーなら他の違う制服になるケースも少なくありません。そして、もっとも分かりやすいのが工場ではないでしょうか。事務所と工場は、同じ敷地内なのに制服が違うといったことはよくあることです。

近年の企業ユニフォームの移り変わり

近年の企業ユニフォームは、どんどん進化し求められる機能も時代とともに変化しています。当初は、見分けるためだったユニフォームも戦後を迎えると大きく方向転換です。今まで同じ服を着るといった文化だった日本は、戦後からファッションといく考え方が広く浸透します。

現在、ユニフォームは必ずしも見分けるためや機能性を重視しているわけではありません。会社のイメージなどによって個性的なユニフォームが作られています。

清潔感のあるユニフォーム

企業イメージに大きな影響を与えるユニフォームは、企業も清潔感があるデザインを採用しています。こういった考え方は、接客業はもちろん、一般の方があまり出入りしない工場も同じです。

工場の場合は、頻繁な接客はありませんが、取引業者の視察といった大事な行事も存在します。工場で働いている方なら、多少の汚れなどは仕方ありませんが、取引業者がはじめに訪れる事務所は、清潔感が大切です。

女性に好まれる

以前のユニフォームは、好みに関係なく強制的に着用させられていました。しかし、近年は女性に好まれるデザインも大切です。たとえば、学生の場合は制服も学校選びの重要なポイントといわれています。

あそこの学校の制服はかわいい、この学校の制服は憧れるといったように制服が中心といっても過言ではありません。たしかに、入学すれば卒業まで同じデザインの制服になる可能性が高いわけですから、学校選びのポイントになってもなんらおかしくはないでしょう。このように考えると企業のユニフォームも重要視されるのは当たり前です。

現在、企業のユニフォームには女性に好まれるデザインが求められています。企業ユニフォームの場合は、デザイン変更がない限り、定年までずっと同じものを着なければいけません。いまやユニフォームは、企業PRのひとつといえるでしょう。

企業イメージを反映

ユニフォームのデザインや色は、イメージを損なわないようにする企業が増えてきました。以前は、ユニフォーム選びで悩むことがなかった企業でも、現在はあれこれと悩むほどです。当たり前のように着ていたユニフォームも、現在は着るのが楽しいと感じるほどの変化といえるでしょう。

 

日本のユニフォーム文化は、長い年月を経てどんどん進化していきました。現在は、企業イメージアップや女性からの支持が得られるものが中心です。なかには、有名なデザイナーが手掛けたユニフォームもあるでしょう。ユニフォームは同じデザインから個性中心に変化しています。また数年後にはさらなる進化が見られるかもしれませんね。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
企業ユニフォームメーカーランキング!
記事一覧

おすすめの企業ユニフォームメーカーランキングTOP5!

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーシーカシマボンマックスセロリーサーヴォチクマ
特徴トレンド・サスティナブルなど社会のニーズを取り入れる企業制服メーカー多数の映画やテレビ番組に衣装提供。デザインが魅力の企業制服メーカー国内自社工場5つ。厳しい目で見る品質管理が特徴の企業制服メーカーバラエティ豊かな制服総合メーカー。独自のデータで管理・運用も!創業1世紀以上の老舗繊維専門商社。環境に配慮した企業制服づくりが魅力。
詳細リンク