女性の制服はスカート?それともパンツ?ジェンダーレスによる変化とは

公開日:

制服

「女性の制服はスカート」という考え方は、ジェンダーレスにより大きく変化しました。そこで気になるのが、スカートとパンツのどちらが制服に適しているのかです。実際、女性用制服を導入するときに、迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、女性の制服選びの変化について、詳しく解説していきます。

パンツスタイルのユニフォームを選ぶ女性が増えている

以前は「女性の制服やユニフォームはスカート」という考え方が一般的でした。思い返してみると、事務職、飲食業、観光業など、どこを見てもスカートの方が多かったと記憶している方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年はパンツスタイルのユニフォームをあえて選ぶ女性も増えてきています。こういった流れは学生の中でも進んでおり、多様性という考えのもと、スラックスとスカートの両方を選べます。

また、女性がパンツスタイルを選ぶ理由は、機能性にもあります。スカートと違い、パンツスタイルの場合は、動きやすく寒さも凌げます。足が露出しないので冬は暖かく過ごせますし、思いっきり動くことも可能です。

もちろんスカートを愛用する方も大勢いますが、このような理由から、徐々にパンツスタイルのユニフォームを選ぶ女性が増えていることは間違いありません。

ユニフォームを選べるところが増えている

前述の通り、学校と企業の両方でユニフォームが選べるところが増えています。こういった変化はジェンダーレスという考え方が浸透してきた証でもあります。また、機能性や好みを取り入れられる世の中になったといえるでしょう。

もちろん、学校や企業側にもメリットはあります。たとえば、学校の場合は、志望校に選んでもらえる可能性が高まりますし、企業の場合は仕事への意欲や企業アピールにも繋がります。

「女性=スカート」は無意識の差別?

「女性=スカート」という考え方は、一昔前の考え方かもしれません。女性に対して、スカートをはきなさいというのは、今や差別と捉えられても仕方がないでしょう。

また、言葉に出さなくても「女性=スカート」と考えているようであれば、それは無意識の差別に繋がるかもしれません。現在はジェンダーレスという考え方が広く浸透してきました。誰でも好きなものを選べる時代だということを忘れないようにしましょう。

工場ではスカートは不可能

たとえば、女性が工場で働く場合を考えてみましょう。機械が忙しそうに動く中、女性だからといってスカートをはいた状態では、作業に支障が出ます。そもそも、機械を使う工場内では、半袖や半ズボンなどの露出度の高い服は禁止されていることがほとんどです。こう考えると「女性=スカート」がまったく当てはまらない業種も昔から存在するのです。

現在、女性は事務職をはじめ、工場や建設現場、そしてトラック運転手などさまざまな業種で活躍しています。そのため「女性=スカート」は、まったく当てはまりません。

事務関係もパンツタイプが多い

事務員という仕事も、昔からスカート姿のイメージがついている業種のひとつでしょう。しかし、現在はスカートだけでなく、パンツタイプのユニフォームも多く見受けられます。もともとパンツタイプを採用している企業もありますし、なかにはスカートとパンツタイプの両方から選べるようにしているところも存在します。

ユニフォームレンタルもパンツタイプを用意

飲食業、ホテル業、事務系、工場などさまざまなユニフォームを取り揃えてレンタルする企業も、パンツタイプを取り揃えています。特に事務系などの場合は、スカートとパンツタイプの両方を揃えており、企業などの要望に応えられるような体制をすでに構築済です。こういった対応は、独自の考えだけでなく、顧客の要望の可能性もあるでしょう。

好きなユニフォームを選べるようにするのがベスト!

うちはスカート一択といった考え方は、すでに古いと考えておきましょう。もちろん、完全に自由選択といったことは難しいかもしれませんが、スカートとパンツタイプのどちらも選べるようにするのがベストです。

たとえば、企業の場合は色やデザインを含め、すべて自由選択というのは難しいかもしれません。組織としての統一性や清潔感などが損なわれ、企業イメージに影響が出る可能性もあるでしょう。現在社会において、統一性だけを前面に出すのはあまりおすすめできませんが、多少は企業イメージを考える必要があります。

このようなときは、色を統一する、デザインを何種類かに絞り込むなどを行って、企業イメージを損なわないように工夫しましょう。実際、中学校や高校などではスカートとスラックスを自由に選べるだけでなく、リボンの色などもいくつか選べるようになっているところもあります。選んで組み合わせるといった楽しみは、学校に人気にも一役買っているようです。

 

 

女性の制服は、必ずしもスカートという時代ではなくなりました。ジェンダーレスという考え方もあり、現在はスカートとパンツの両方を選択可能です。しかし、機能性という観点で見ると、男女問わずパンツが最適のような気がします。女性の働きやすさ、仕事への意欲などメリット部分も多いので制服の導入を検討する際は、スカートとパンツの両方が選べる体制を検討していきましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
企業ユニフォームメーカーランキング!
記事一覧

おすすめの企業ユニフォームメーカーランキングTOP5!

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーシーカシマボンマックスセロリーサーヴォチクマ
特徴トレンド・サスティナブルなど社会のニーズを取り入れる企業制服メーカー多数の映画やテレビ番組に衣装提供。デザインが魅力の企業制服メーカー国内自社工場5つ。厳しい目で見る品質管理が特徴の企業制服メーカーバラエティ豊かな制服総合メーカー。独自のデータで管理・運用も!創業1世紀以上の老舗繊維専門商社。環境に配慮した企業制服づくりが魅力。
詳細リンク